株式投資をやる上で注意しなければならないこと

投資をやっている人よく分かることですが、株価が下落しだすとそわそわし、それが一週間以上続くと不安になり、これ以上の損を受け入れることができない状態になるとついに株式を損切りしてしまいます。
つまり、自分が受け入れることのできる損失よりも少しでも損が多くなると、人というのはれ以上損をしないと言う安心感を求めて、株式の損切りを行なうのです。
しかし、これが自分が受け入れること以上の損になってしまうと話は別で今度は損切りができなくなってしまうのです。
つまり、自分が受け入れることのできる損失をはるかに超えてしまうと、今度はもうその損失を受け入れることができなくなり、株を売らずに持ち続けることになるのです。つまり、塩漬け株の出来上がりです。
このような塩漬け株になる前に株式投資というのは損切りを行なわないといけないのです。
ですから、株式投資初心者は常に逆指値を入れておいて、勝手に株式を損切りしてくれるようにしておかなければならないのです。ベルタ酵素 ドラックストアーで売ってる?