蒸留や富士山などについて学校をしていました

蒸留などについて研究しました。見つかる蒸気の気温を量る結果、気温累算の球部は枝の高さにします。突沸を防ぐ結果、破裂石を入れます。逆流を防ぐ結果、ガラス管の優先がたまった液の中に入らないようにします。70℃〜82℃に無水塩化コバルトを混ぜると、非常にない桃色になります。火を塗ると、それほど燃えます。エタノールのにおいがします。作戦に塗りつけると冷たく感じます。83℃〜92℃に無水塩化コバルトを混ぜると、ない桃色になります。火を塗ると、かすかに燃えます。かすかにエタノールのにおいがします。93℃以上に無水塩化コバルトを来れると、ねちっこい桃色になります。火を塗り付けると、燃えません。エタノールのにおいはまるでしません。次は、富士山についてだ。地上よりも気圧の低い富士山の山頂で食事を炊くと、芯が残る生煮えの食事になる。このようなことを研究しましたが、知らないことがほとんどだったので知れて良かったです。