きのう、以前に閉めた鰻屋のご彼の所に赴き鰻重周辺を頂きました。

 私の近所に鰻屋のSというお暖簾がありました。わたくしが中学のうち、丁度父母が新築の民家を建てた頃に私達の町内の近くに移転してきました。こじんまりしたお暖簾でしたが国産の鰻と秘伝のたれをつぎ込みました。ご彼のS君夫妻は気さくで明るくて効く側でした。家中で利用して、わたくしが結婚してからも恋人と乳児と行ったりしてました。お暖簾は正午や夜は混んでいて空いているときは早く繁盛してました。鰻重が格別においしかっただ。白ウナギの重もあったり、串焼きや随時穴子の重や天丼もあり最高でした。しかし、以前お暖簾の老化とストリートの区画拡散要約の場所にお暖簾が引っ掛かった実態。せがれ君は遠方の鰻屋で修業しのちのち暖簾を継ぐために帰る予定でしたが訓練の繰り延べ。それと女性が難病をし、寝たきりになってしまった実態。ご彼のS君も病魔や損傷、メソッドの麻痺。お暖簾の引っ越し前も何やらなくて、値段も莫大に要る等の点で泣く泣く閉店となりました。私も最後の日は家族で食べに行きました。閉店になるのが悲しかっただ。中には泣いていらっしゃるユーザーもいて閉店となり残念でした。お暖簾は閉めましたが、区画要約のポイントがさっと覆り暖簾の物件は壊さなくて民家の取り壊しもしなくていいことになりそのままでした。数か月前に文書が来ました。それはS君からでした。ちょいちょいわたくしは午前出勤するときに遭えたまま会釈やる並みでした。文書を見ると、「5月額31日だけ1回だけお暖簾を変わり、お世話になった一部の側のみ夕食を行ないたいと思います。」と書かれたお呼び状でした。わたくしや両親、婦人や方のネーミングも書いてありました。わたくしは撥ね付ける要因がありませんでした。両親や恋人、乳児にも教えるとどうしても行きたいとなりました。きのうはびっちり本業が非番でしたので午前指定された時間にお暖簾に行きました。乳児も週末に運動会でしたので休日でラッキーでした。お暖簾だった玄関に入るとそのままの客間やカウンターが残され、思い切り見た顧客君も居ました。懐かしさで話しながら待ち受けました。あっという間にお暖簾は満員になりお呼びされた全員が集合しました。店主のS君は、「最近以上限定での復興だ。わたくしが作りあげる鰻重ではないですが食べて味わってください。」と会釈してくれました。お暖簾は皆の拍手で大きな音声を建てました。S君のせがれ君と女性がずっと鰻重を運んできました。すぐさま食べてみました。が、当時のテーストの通りおいしかっただ。すまし汁が豚汁でした。豚汁も格別な物でした。せがれ君が修業を終えて、市外に住んでいて市外で秋にお暖簾を創業するそうでその腕試しを兼ねての所作でした。わたくしはそのコメントを聞きながらこれは大丈夫だろうと思いました。S君もお暖簾の物件を取り壊して寝たきりの女性とせがれ君の所に数年後はご厄介になるとコメントを聞いたときは必ず里で営業してほしかったと幾らか無念でした。食べ終わった後鰻の串焼きがおまけで出てきてここに山椒を掛けて食べて特段でした。本音昔から行っていた鰻屋の鰻をまた食べられるとは思いませんでした。私も一家も他のカスタマーも大上出来でした。S君には市外に行っても健康で、せがれ君の鰻屋が繁盛してほしいとお暖簾を出て思いました。幸せな毎日でした。