もともとはWindows Phoneが欲しかったのですよ

アンドロイドが搭載されているスマートフォンを使っているのですが、もともとはWindows10が搭載されたWindows Phoneが欲しくて憧れの機種となっていました。最近のニュースでマイクロソフト社のビル・ゲイツ氏が自社のスマートフォンからアンドロイドが搭載されたスマートフォンに機種変したという記事を見て何やらこれはあるぞ予想はしていましたが、その予想が的中したのかWindows Phoneの事業から撤退するという記事を先日見かけてやはりそうだったかと納得しています。

Windows Phoneもシェアを多く獲得しているスマートフォンではありましたがiPhoneやアンドロイドが搭載されているスマートフォンに対抗する力が弱まっていたようです。今後はWindows Phoneは手に入らなくなるかもしれないです。マイクロソフト社も苦渋の決断を下したと自分は思っております。こういったのは良くある事なので致し方ないかと思います。脱毛ラボ 料金 支払い方法