大人の金曜ドラマ「あなたには帰る家がある」の初回放送を視聴して

「あなたには帰る家がある」の初回が面白かったです。久しぶりに大人のためのドラマ、という感じでした。話の中心となるのは2組の夫婦です。佐藤秀明と真由美は、住宅販売会社勤務のサラリーマンと専業主婦から旅行代理店に復帰したばかりの妻という組み合わせで、私立中学校に入学した麗奈という一人娘がいます。
もう1組は茄子田太郎と綾子。太郎は教師をしていますがとても嫌な感じの男です。綾子が秀明の勤めるモデルハウスに客として訪れ、家を建てる相談をするところからストーリーは展開しますが、この辺りから秀明と綾子が少しずつ惹かれあっていることが分かります。
やはり玉木宏さんはとてもかっこよかったです。妻役の中谷美紀さんと口論になるシーンで、中谷さんに家のことをちっともしなくて、などと激しく言われ、ソファーに寝そべってテレビを観ていた玉木さんは勢いよく立ち上がりますが、あまり言い返すことなく笑って誤魔化そうとしていました。このような優柔不断というか、少し頼りない役でもわりとハマっていることに驚きです。
他には、職場復帰した中谷さんが初日から、「では、資料はファックスで送ります」と言って失笑を買うのですが、「今はPDFですよ」と言われて「PDFって何?」となっていたのが、コミカルでした。
2話目以降はユースケ・サンタマリアさんや木村多江さんがどう出るか、今からとても楽しみです。